スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安誘導

土曜日に転倒、捻挫させられた足に電磁波攻撃がくる。


今日も、包丁で手を切った。


この頃、怪我をさせる誘導が激しいが、同時に気持ちの誘導も強く感じる。

あれこれ考えさせて心配させる、不安にさせる、気持ちを波立てようとする。

加害者の意図する方向へ気持ちを持っていこうとする。


脳に関与する加害行為の存在を知らなければ、ひとりで勝手に思い悩んで

心を不安定にさせていたと思う。

今、そういう誘導を強く感じている。


心配しても、不安がっても、起きる結果は変わらないのなら、その結果が

出てから考えればいい。

先々を心配して時間を使ってしまうのはもったいない。


人間関係破壊工作・・・?

嘘のうわさ、成り済まし、印象操作。

何でもあるだろう。

何でもする集団だから。


そういうこともあるだろうと、被害者は皆、覚悟を持って生きている。



スポンサーサイト

偽被害者

「どうして偽被害者だと思うの?」と聞かれると説明するのが難しい・・・


「あれ?」「何となく変?」といった感覚的なものが大きいから。

でも、その感覚は後に正しかったと思うことが多い。


本当の被害者の持つ辛さ、苦しさ、必死さといった言葉には表せない

思いが感じられるかどうか。


ブログでも、表面的な被害はいくらでも似せて書くことができるけれど、

それだけでは同じ被害者として少しも共感できない。

書かれた文字の中に何も感じられない。


実際に知り合った被害者にも偽被害者がたくさんいた。

皆、フレンドリーで親切だった。

何度も会って話をするうちに気がつく。

こちらの話しを聞き出すばかりで自分のことはあまり話さない。

「聞き上手」とかいうのではなく、話題が自分の方に来そうになると

うまくよそにそらして逃げる。

具体的なエピソードがない。

要は話す中身がないのだ。

だから、少しつっこんで質問をするとすぐにボロが出る。


巧みに近付いてくる工作員。

本当の被害者同士のつながりを断つためにさまざまな罠をしかけてくる。

風評被害、印象操作。

人間心理を使った巧妙な罠。


そんな大変な中知り合えた本当の被害者仲間。

被害の違いや意見の相違を乗り越えて大切にしてきたい。
























誘導

ここ2~3日、加害者にひどく誘導されている。


突然、激しい睡魔に襲われる。

抵抗し難い。

気温の下がった日に畳にごろ寝のような状態で寝てしまう。

電磁波で体温が上がり、あつくて扇風機をつけ、そのまま寝てしまう。

風邪をひかそうとしている。


ここで寝たら電磁波にやられ放題になるとわかっている部屋で

寝てしまう。

わざわざ電磁波の値が強くでているパソコンの前に座って寝てしまう。

加害者の電磁波照射がしやすい状況を作ろうとしている。


とにかく、突然、あっという間に寝ている。


今日もいつの間にか正座して、テーブルにうつ伏せになったまま寝ていた。

足がしびれていて、突然立ち上がろうとして転んで捻挫した。


パソコンの前でまた寝そうになっている。


危ない、危ない・・






睡眠妨害

耳鳴りがひどくなかなか眠れない。


ここのところ、睡眠時間がずっと3時間になっている。

起きる予定の1時間前に起こされる。

目が覚めるともう眠れない。


耳への攻撃がものすごい。


起きている時の電磁波攻撃も耳ばかり狙ってくる。


家から離れると耳鳴りは嘘のようになくなるので、耳そのものに問題は

ないと思う。


今朝は、40KHZくらいの超音波がきていた。

トリフィルドメーターの針は1~5くらいの間で大きく振れていた。


電磁波と超音波のダブル攻撃が続いている。










加害者1

向かいのカラオケ店からの加害行為、現在進行形。

低いリズム音が忙しく響く。

耳痛、こめかみ、頭に鈍痛。


この店に集まってくるメンバーはほとんどが高齢者。

市営住宅の人間もいればマンションの人間もいる。

皆、近所に住んでいる。

人殺し行為に加担している自覚がないのか、自分の名前が書いてある

自転車に堂々と乗ってくる者もいる。


人の家をのぞき見しながら、陰から電磁波で傷つけたり苦しめたりすること

楽しんでいる。

きっと、それしか生きる楽しみがないのだろう。


以前は攻撃のリズム音をカモフラージュするためにカラオケで歌っている声

大音量で聞こえていたけれども、最近は開き直りというか何というか、攻

撃音のみを平気で流していることも多い。


お昼の1時頃から5時頃まで。

5時になると、お互い「お疲れ様~」と声をかけながら帰って行く。


夕方は6時殻から11時頃まで。

日曜、祭日関係なし。

年中無休の人殺し。


今は目に強い圧迫感と痛みがきている。









共振

風もないのに、


3本ある物干し竿の真ん中の1本が激しく揺れている。


共振・・・?


動いているとわかりにくいけれど、確かに体も小刻みに揺れている。


昼も夜も一日中。

被害内容1

6時15分覚醒。睡眠時間3時間。

耳鳴りがひどい。

頭痛がする。


低周波を測ってみると、0.41 と0.24だった。

下がっていく途中だったので、寝ている間どのくらいまで値が上がっていた

のかわからない。


極低周波と超音波が攻撃の中心になっている。

超音波は、100KHZ~130KHZくらいの間が多い。


極低周波はたちの悪い波で、鬱や癌の促進や自殺の誘導などを作り出せる。

時間をかけて殺人をするための電磁波。


今年5月に亡くなられた(殺された)NPOの方の被害もこれと似ていた。

睡眠時間や食事に関与して衰弱させ、極低周波で激しく体を揺らす。

亡くなられる少し前の日記には「体が激しく揺れて食べられない、寝られない」と

書かれていた。

風邪で熱もあったようだ。


強い殺意を感じる毎日。


大きな障害をおわす、病死をさせる、自ら命を絶つように誘導する・・・


鬼畜という言葉を実感する。














合図

加害者間の合図。


この間まで猫の鳴き声を使っていた。

「危ないぞ、注意しろ」みたいな意味で。


個人の家の外灯や集合住宅の廊下の蛍光灯の点滅にも意味があるようだ。


電磁波装置を備えて攻撃してくる家にも共通の目印がある。

そんな目印がなくても、この辺りの加害者はやることがあからさまで警戒心

ないのでどこから攻撃しているのかすぐわかる。


「みんなで殺せばこわくない」みたいな感じ.。









嫌がらせ隊

つきまとい、嫌がらせ 車両部


自動車、オートバイ


この頃は、こどもの自転車隊も。


この子たちを「嫌がらせ隊ミニ」とわたしは呼んでいる。

弱いものいじめ

障害があっても、一生懸命頑張って働いている息子への電磁波攻撃。


究極の弱いものいじめ!!

妨害

記事を消されたり、更新ボタンを押しても画面が変わらなかったり、下書き保存もできない。

突然、ブログが更新できなくなった。


それは、極低周波の値がものすごく高くなった日だった。


普段、0.03~0.10くらいの値が、この日はものすごい勢いで上がっていった。

6.98を超えた頃には、夫がひどい頭痛になり、わたしも呼吸が苦しくなっていた。

「明日の朝はわたしも夫も生きていないかも・・」と真剣に考えた。


とりあえず、誰かに今の状況を伝えておかないとと思い、先日やはり値が高かった時に助けてもらった被害者仲間の友達にメールした。


一体、どのくらいの値まで上がったのか・・・


気がつくと朝になっていた。

わたしも夫も生きている。


よかった・・・


たった一週間程度しか書いていないブログなのに。


限られた人にしかお知らせしていないから、アクセス数だってわずかしかないのに。


そんなブログでも妨害してくるんだね。

電磁波攻撃2

 口への攻撃


口への攻撃が激しくて寝ることができない。


ビビビと感電したような震えが口にきている。


特に舌への刺激が強い。

舌癌にしたいらしく、普段から舌への攻撃はひどい。


こんな夜は何度もある。

どうせ眠れないのなら・・と家の周りの様子を見て回る。

この攻撃を受けている時、必ず電気のついている家が2軒ある。

一度や二度ならたまたま夜更かししていたというこもあるだろうけど、毎回、その2軒だけが

夜の暗闇の中、必ず明りをつけている。


いつもいつも、本当にいつも。


嫌がらせの車の時にも書いたけれど、これも頻度の問題。






電磁波攻撃1

★ 耳への攻撃


耳にそっと手をあてると、「ビビビビ・・」としびれるような感覚がする。

痛みも伴ってくる。

歯がガチガチ鳴る。


耳に電波がきている。


耳への攻撃は、耳そのものよりも脳への攻撃だと聞いたことがある。


起きて活動している時は気がつきにくい。


家族や友達には、もしわたしが脳疾患で倒れたらこの攻撃のせいだと話してある。

磁場の狂い

長く電磁波を受けているとものが磁化すると聞いていたので、試しに方位磁石で測ってみた。

すると、驚くことに、二階のある窓の側に近付くと磁石がグルグル回り始め南を指して止まった。


完全に磁場が狂っている。


わたしの家は、東西南北すべてを加害者宅に囲まれている。

二重にも三重にも、とにかく目につく建物のほとんどに加害者がいる。


向かいの家の窓は、毎日夜7時~9時くらいまでオレンジ色の光がつく。

ブラインドが上がっていて、部屋には誰もいない。

3年余、ただの一度もその光がついている時に部屋に人がいるところを見たことがない。

オレンジ色の光は、天井の電灯の色ではなく、床に置かれたオレンジ色を放つ器具からのようだ。


低周波攻撃をしてくるカラオケスナックも入り口にも眩いオレンジ色の光のイリュミネーションがついている。


隣のマンションの窓には、我が家の部屋の奥まで届くほどの目も眩むような真っ白な光がついたこともあった。


オレンジ、真っ白、緑に青・・

いろいろな色の眩い光に取り囲まれている。


我が家は、家全体が磁化されつつあるのかもしれない。








嫌がらせの車

被害が顕在化した当初から、家のすぐ側に入れ替わり立ち替わり車がやってきて止まる。


ただ嫌がらせのために駐車している時もあるが、車のバッテリーから強い電磁波攻撃をしてくることも多い。

後ろから攻撃する方が力が大きいのか、トランクを開けたままにして止まっているのをよく見る。

車は無人。側に運転者らしき姿もない。


頭が痛くなったり、体の具合が悪くなる時は外に車が止まっていないか確認する。


公の道路に車が止まっていても何の不思議もないけれど、その車のトランクが開けっ放しになっていても不思議ではないけれど、それも頻度の問題。


ひと月のうちに何度も、同じ場所に長い間トランクを開けっぱなしにしている無人の車が止まるのはやっぱりおかしい。


すべて頻度の問題


こういう行為の記録は連続していて初めて意味がうまれるl。


5台、6台、10台、20台・・となってきて、初めてある意図をもって行われている行為だと理解することができる。


だから、この頃は家の側にトランクを開けっぱなしにして止まっている車があればすぐに画像を撮ることにしている。


自家用車でも商用車でもすべて、全部。








記録

低周波による被害が続いているので、いつ、どこで、どのくらいの値が出ているのか記録していくことにした。

以前、トリフィルドメーターでの記録はつけていたことがあるけれど、低周波はずっと値が低い状態だったので測定することもほとんどなくなっていた。

油断していた。


測定機による記録は、被害の記録として成り立つように作成するのは難しいと言われているが、どんなことに注意して記録していけばいいのかわからないので、とりあえず、毎日決まった時間に、決まった場所で測定を続けていこうと思う。


基本は、朝、昼、夜、夜中の4回。

特別に値が異常に高くなった時は時間外でも記録し、上がっていく様子をビデオでも記録する。


目に見えない電波も、測定機の数字にははっきりと見えてくる。


低周波測定機以外に今使っているのは「電波探知機」

電磁波にも対応している。

電波に反応するとものすごい音がして、ピカピカしたライトが点滅する。

何度か夜中の真っ暗な中、大音響で鳴り響き、家族に「何だかわからないけと、謎の電波が我が家に飛んできている」「理解不能なおかしなことが起きている」という意識を持ってもらうことができた。


測定記録と同時に、その時の体調、出来事なども合わせて書きとめていけば、ある方向性は見えてくると思う。


今日の神戸は青空、快晴。

気持ちのいい秋風が吹いている。

晩ごはんに栗ご飯でも作ろうかな。


(夕食調理時の電磁波攻撃がものすごいので、作れるかどうかは五分五分というところ。)







低周波攻撃

以前、寝ている時に体が揺れたりしびれる被害があった時に買った低周波測定機

すごく高かった。

何も症状がでていない時は0.03くらい。

ELF(極低周波)は0.。


最高値は8.00以上がでたことがある。

測定機の値がどんどん上がって呼吸困難が起きてきたので大騒ぎして家族に話したら突然値が下がっていった。


今日また、その時のように測定機の値がみるみる上がって7.00近くになった。

汗が噴き出て、呼吸が苦しくなった。

このまま意識がなくなって倒れるかもしれないと思ったので、急いて被害者仲間に電話して今の状況を伝えた。

すると、しばらくして数字は下がっていった。

今回はELFの値も高かった。


以前はどこから攻撃されているのかわからなかったけれど、今日は家の向かいにあるカラオケスナックからだと確信した。

このカラオケスナック2軒は前々からの加害者で、特に南側の店はあからさまにひどい攻撃をしてくる。

ここで加害者たちが我が家をのぞき見していることも知っている。

カラオケの機材を利用した電磁波発生装置もある。

経営者が乗ってくる電動自転車のバッテリイーを使って電磁波を飛ばしてくるのもわかっている。


「電磁波を発生させる時にベース音のような低音のリズム音が聞こえる」とテクノロジー犯罪被害者の報告集で読んだことがあるが、今回はその通りの状況だった。

ベース音だけが大音量で鳴り響くことがよくあり、変だと思っていた。


同じところにじっとしていると攻撃の的になるので、今日はここまで。


※突然お電話させていただいた被害者仲間のSさん、心配をおかけしてすみませんでした。

こんなブログですが、よろしくお願いします。













プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。