スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠妨害の嵐

目、耳、舌の痛みがひどくて寝られない。

今夜もまた睡眠妨害が激しい。
とことん、眠らせないつもりだ。

窓の下のバイク。
一日中そこに置いてある。
おかしいと思わないはずがない。

やっぱり、夜中になると若い男の子がやってきて
攻撃の準備をしている。

その後も、入れ替わり立ち替わりバイクがやって来て電磁波を飛ばす。

新聞配達員を装っているらしいが、こんな真夜中に
バイクの音をたてて新聞を配る非常識な配達所はない。
そんなこと、常識!・・と思うけれど、連中に常識を
求めること自体、無理な話だろう。

バイクや車からなら、やりたい放題やってそのまま逃げて
しまえば、どこの誰かわからないと思っているらしい。
できる限り記録はしている。

少し前のこと、真夜中3時頃にクレーン車や大型工事車が
すぐ近くの道路にやってきて工事を始めたことがあった。
明々とライトがともり、交通規制をしながらガタガタやっている。
もちろん、強い電磁波攻撃も始まった。
もう、非常識の極み。
普通の家なら安眠妨害で激怒するだろう。
でも、この地域はもう加害者がほとんどでみ~んなグルだから平気だ。

消防車、救急車、パトカーのこともおかしなことはいっぱいあるけれど、
もう面倒くさいから今日は書かない。

今、またバイクがやって来た。
さっき、別のバイクが新聞配達をしている風に通った道を
同じように芝居をしながら通っていく。
その辺りの家は一体何紙新聞をとっているの?(笑)

空が明るくなってきた。
また一睡もできなかった。
新聞配達はやっとこれからが本当の配達時間になる。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嫌がらせや電磁波攻撃のためにいつも車が止まる場所。

その日も一台の車が止まっていた。
人が乗っているのに、3時間近くずっと止まったままで時々窓から
こちらを見ている。
窓からはナンバープレートが見えない角度でうまく止まっている。

母におかしな車が止まっていると話すと警察に連絡すると言う。
それもいいかと思っていると、その車からひとりの男性がおりてきて、
「わたしたち警察なんです」って。

だから何?

被害者への威嚇? 監視?

被害者にとってもう警察≒正義ではない。

あの警察手帳は本物だったのか。
あの警察官は本物だったのか。
それすら、はっきりわからないのだから。

★・・・・・・・・・・・・・

薬品被害のことは今まであまり詳しく書いてこなかった。

前に、工作員だと知らずに薬品の特徴を話したら、その特徴をカバーして
わかりにくい薬品に変えて攻撃されるようになったので
あまり話さない方がいいかもしれないと思っていたからだ。
でも、最近は使われる頻度も上がりひどくなってきているので、次から
少しずつ書いていこうと思う。

今は、呼吸器に強く作用している。














スポンサーサイト

連日の睡眠妨害

睡眠時間2時間ちょっと。
そんな日がずっと続いている。
なかには、攻撃が激しくて一睡もできない日も
何日もある。

「昼寝をすればいいのに・・」と人は言うけれど、
昼間、座っている時でさえじっとしていると
ひどい電磁波攻撃がきて、家の中をウロウロ移動しなければ
ならなくなる。
この頃は、目に針で刺すような痛みがきて、昼寝どころではない。

今夜も眠ることができない。
目と耳にひどい痛みがくる。

毎日とことん寝かせないで、体力や免疫力を低下させて
早く病気にして殺そうという意図なのだろう。

やることが無茶苦茶になってきた。

呼吸が苦しい。
目や耳が痛い。

このまま殺されてしまうのかな・・・
あまりに睡眠妨害や痛みがひどいので、そんなことも考えた。

毎年暮れには「これが最後のお正月になるかもしれない」と
覚悟しながら新年を迎えているけれど、いよいよなのかなぁと
思ったりする。

被害者を殺すと3千万円くらいもらえると聞いた。
わたしを殺したお金でどんな家を建てるんだろう・・

生まれつき弱さを持つ息子には、まだまだ父親や母親の支えが必要だ。
こんな卑劣で残忍な犯罪で母親を失う子どもの心の痛みや悲しみは
電磁波兵器で人を殺すこととお金儲け以外頭にない連中には理解できない
だろう。

呼吸が苦しくて体がフラフラするけれど、今のうちにやりたいことは
やっておこう。
会いたい人には会っておこう。
行きたいところには行って、見たいものは見ておこう。
家族との楽しい思いでをたくさん残しておこう。
特に、息子にはできるかぎりのことをしてあげたい。

それと、わたしにできる範囲でこの犯罪の広報もしていこう。

わたしはまだ生きている。
生きている間は、悔いのない人生を生きよう。

後で恥じない自分を生きたい。

ブログを書いている間中、目に集中攻撃、
喉も痛い。
咳が出る、

やっぱり今夜も寝かさないつもりのようだ。







激しい睡眠妨害

毎晩、車からの電磁波攻撃が激しい。

今夜は、目に集中して攻撃してくる。
夕方にひどく電磁波攻撃を受けた左目は、今でも痛みが
残っている。
それでも繰り返し繰り返し、目ばかりを狙ってくる。

目がヒリヒリしてとても痛い。

NETの掲示板に某宗教団体の東灘区の責任者はやることが
ものすごく残酷だと書いてあった。
本当に、どうしてここまでひどいことができるのか信じられない。

ひどい睡眠妨害で、最近の睡眠時間は2~3時間か全く眠れないかの
どちらかだ。
7時間、8時間眠れていた頃がはるか昔、夢のようだ。

連休中の被害

連休であろうとなかろうと、連中のやることは同じだ。

目、耳、舌、顔面に向かって執拗に電磁波攻撃をしてくる。
その執拗さは異常と言っていい。
誰かが「加害者は粘着質だ」と言っていたが、本当にそうだと
実感する。

以前から顔に対する攻撃は陰湿で、びっくりするほど酷いことを
平気でしてきたが、昨日も頬に深く長い傷のような跡が残っていた。
それは、溝と言っていいほど深く、一日経ってもまだ消えていない。
これをやっている加害者はこの攻撃がよほどおもしろくて好きらしい。
今朝も新しい溝が頬にできていた。

昨日は一日中顔に圧迫感があった。
特に目や耳も含めて右側の顔面に照射感や圧迫感が続いた。
右側の目や頬骨のあたりはずっと腫れている。
人の顔を汚すことに加害者のものすごい執念を感じる。

被害がこんなにはっきり見える形で残っても、この辺りの加害者は平気だ。
辺り一帯加害者の家ばかりだから、犯罪に対する慎重さというものが
全くない。
ゲーム感覚で人を傷つけ、躊躇なく殺してしまう。

鬼畜の群れ・・・

加害者の多い地域は被害が酷くなると聞いている。
某宗教団体も、民族団体も、圧力団体と噂の高いあの団体も、某暴力団の
本部も全部揃っている。
これは、本当に見事なほどだ。
それに加えて加害企業としてNETにも登場する某有名家電メーカーの
情報部門もある。
神戸の沖合の人工島にはスーパーコンピューターや医療研究地区もある。

神戸は、ひょっとしてこの犯罪の中心?・・・と思えるほどに何もかも
集まっている。

知らない間に、神戸の街は恐ろしい街に変わってしまった。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でも申し訳なく思っていることがある。

まだ被害が始まったばかりの頃だった。
ある講演会でのこと。

講演が始まって間もなく、後ろの席から強い電磁波攻撃が始まり
頭が痛くて座っていられなくなった。
それで、席を立って一番後ろの席に移動した。

すると、少し離れた席にいた知り合いの女性(後に工作員だと判明)が
わたしが座っていた席のあたりを立ちあがるようにして心配そうに
何度も見ている。

加害者は、わたしが真後ろに座ったので電磁波装置を取り出して
操作することができず、電磁波照射がそのまま続いていたのだろう

しばらくして、わたしが座っていた席の斜め前の女性が意識朦朧として
倒れてしまった。
彼女は心臓が悪かった。
講演会は途中中断し、その女性は救急車で運ばれ入院した。
後に心臓手術を受け、命に別状はなかった。

元々心臓に持病がある人だったので、本人も含め周りの誰もが
持病が悪化したせいだと考えていたが、わたしはあれが電磁波攻撃の
せいだと確信している。

わたしはそのまま続けて講演を聞く気持ちになれず、途中中断の間に
会場を出た。
会場前に待機していた付きまといの女性はわたしを見て、手にしていた携帯を
落としそうになるほど驚いていた。

救急車で運ばれたのがわたしだと思っていたのだ。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・

目が痛い。
痛みが強い。

夕方、スーパーへ行く途中、前を走っていた車からの電磁波攻撃で
左目を狙われた。
するどい、針で突き刺すような痛みが目にきた。
一瞬の痛みではなく、車が横道に曲がるまでずっと続く激しい痛みだった。
4時間以上経った今でもまだ痛みが消えない。

今、同じような、針で突き刺すような痛みが右目にきた。
外を見ると、いつも電磁波攻撃する車が止まる定位置にタクシーが止まっている。
タクシーもグルなのは有名だ。
どこのタクシー会社か社名を確認しようと思って見ると、「個人」のライト。
でも、個人タクシーにしてはテイルライトが変。

営業許可を取るのがとても難しい個人タクシー。
何でも偽造する連中だから、これも偽個人なのか・・
それとも、加害者のコネですぐに営業許可がおりたのか・・・
どちらにしても、まともな個人タクシーでないのは確かだ。






















目の痛み

目がヒリヒリしてとても痛い。

目の奥を押されるような、何かがぶつかるような、そんな刺激が
ずっときている。

この頃、外で出会う電磁波隊は上下黒のスーツに黒カバンの男性が目立って
多くなってきた。
20代から50代くらいまで、年代はさまざま。
夏になると白シャツに黒ズボンのあの人たちか・・・

制服?

どこの?

どの場面にも必ず出没する。

自ら電磁波攻撃しないで、攻撃者の監視役的役割をしている時もある。

目が痛いのでパソコンの画面を見るのがしんどい。






プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。