スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加害者

激しい付きまといや電磁波攻撃に合ってから4年が過ぎた。
実際はもっともっと前から被害に合っていたと思う。

何が何だかわからなかった頃、テク犯(テクノロジー犯罪被害
ネットワーク)で出会った工作員から「加害者は誰だと思う?」と
頻繁に聞かれた。
自分の周りで起きていることがよく理解できず右往左往している頃
だったので、とりあえず噂の某宗教団体の名前を挙げておいた。

この団体は中心的な役割をしていたけれど、それは単なる隠れ蓑で
その後ろにもっと大きな組織が存在していたことが今ではよく
わかる。
もしもの時には、某宗教団体に全部の責任を負わせて逃げてしまえば
いいのだ。
本当の加害ネットワークはもうしっかりと根付いているのだから。

この犯罪に合っていなかったら、きっと今でも日本の置かれた
危機的な状況に気がついていなかったと思う。
実際、わたしの周りの無自覚被害者の友人たちは何の疑いもなく
毎日をおくっている。

手にした者を悪魔に変えてしまう電磁波などのテクノロジーと
一体どこからその資金を得ているのかわからないほどの経済力を
持つ加害者組織に個人の力は無力に等しい。

無力ではあるけれど、だからといって自分の人生を諦めたりはしない。
せっかく生まれてきたのだから、命のある限り懸命に生きたい。

身体攻撃で家事すらままならない毎日だけれど、家族のために
大切な人のために、自分ができる精いっぱいのことをしていきたい。

震災で多くの人が亡くなった。
この犯罪の犠牲になってたくさんの人が亡くなっていく。

わたしはまだ生きている。

どんな毎日でも、無念のうちの亡くなった人たちの分まで頑張って
生きていかねば・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24時間ずっとマイクロ波の値が出ている。

すぐに喉がカラカラに乾く。
思ったように動けない。
足元がフラフラする。
頭の違和感。

目以外に歯や歯茎、舌、喉にも頻繁に攻撃がくる。

頭痛がひどくなってきたので今日はここまで。
操作、誘導による人間関係破壊工作、パソコンを含めた通信手段の
妨害など、明日書く予定。














スポンサーサイト

ため息・・・

被害者を励まし、広報活動を頑張っている仲間には
いつも心から感謝している。
わたしは、自分のことで精いっぱいで被害解決に向けて何も
貢献できていない。
本当に申し訳ないと思っている。

せめて自分自身が生きることを諦めずに誠実に毎日をおくる
ことでこの犯罪に抵抗していこうと思う。

頑張ろうと思う。

それでも・・・

今の日本の状況を知るにつれ、この犯罪の根深さを知るにつれ、
深いため息が出てしまう。

正義のない社会。

無法国家。

未来のない若い世代。

世界中に蔓延しているこの犯罪。
でも、陰湿、残忍なやり方は日本の加害者が世界一だと
言われている。

留学予定の友人の娘さんには、「帰国しないでずっと
向こうで暮らした方がいい」と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被害はひどいまま、エスカレートしていく。

昼夜かまわず目への攻撃が続く。

目がとても痛い。
視力がどんどん落ちていく。
痛みが強くて眠れない日も多い。
朝起きるといつも目が腫れて充血している。

昨夜は口にも電磁波攻撃がきていたようで
唇がヒリヒリして痛い。

目、鼻、口、耳と感覚器官ばかり集中狙いされている。













胃腸攻撃

何度も嘔吐した。

あまりの気持ち悪さに寝ることができない。

海苔やわかめのようなものをたくさん吐いたが、昼食にも
夕食にも全く食べていない。

体の前面がものすごい熱さになっている。
胃腸ガブルブル震えている。
汗が噴き出る。
呼吸がはやくなる。

マイクロ波の値が出ている。

吐いても吐いても気持ちの悪さはなくならない。

背中も熱くなってきた。

家の周りで頻繁にバイクの音がする。



飛び抜けて加害者の多い路線

神戸、阪神間にはJRと2つの私鉄が平行して走っている。
わたしは、そのひとつの沿線に住んでいるので、家から一番
近い(駅まで徒歩7分)電車を利用している。

ところが、この電車で出会う加害者の数がものすごい。
被害の最初の頃から、携帯電話を利用した電磁波発生装置や
リュックや鞄の中に仕込まれた装置ですさまじい攻撃を受けている。
ぼんやりしていると周りを取り囲まれ、電磁波攻撃の格好の的に
されてしまう。

三宮の駅のプラットフォームは特にものすごく、電車を待っている
間にあちこちから電磁波がとんでくる。
一斉に襲いかかってくるような感じだ。

聞くところによると、この沿線に加害者集団の母体があるとか・・・
被害の酷さは加害者の数に比例するらしい。

そういえば、この電車系のショッピングモールやレストラン
は他に比べて飛びぬけて被害が多い。

子どもからお年寄りまで総動員。

背中にリュックを背負った高齢の男性は、私の方にリュックを向けようと
必死だった。
その不自然なことといったら・・・
いつもと違うドアから電車に乗ったので、必死でわたしを探している。
最後はせっかく座った座席を立ってこちらに移動してきて背中を
向けた。

どんなに鈍感な人間でも、ここまであからまさに近づいてきて不自然な形で
リュックを向けられたらおかしいと思う。

もうおじいさんといった面立ちのこの男性に腹立たしさより悲しい侘しさを
強く感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

執念すら感じるいつもの会での電磁波攻撃。

今日もやっぱりだった。
家と同じ右目に集中した攻撃と耳や頭に痛みのくる攻撃が交互にきた。

平気な顔をしてわたしに向けて電磁波のスイッチを入れる人。
人殺しのその目をじっと見た。

恐ろしい・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

右目が痛い。

わたしの目を早く何とかしてしまいたいようで、集中狙いされいる。
特に、就寝中は酷く照射されているようで、朝起きると右目だけがヒリヒリと痛み、
赤く充血している。

今日も鬼畜の群れがあっちにもこっちにも・・・。

被害いろいろ

電磁波やその他の機器を使った攻撃は相変わらずと言うより
前にも増してより悪質にダメージの大きいやり方で激しくなって
いる。

特に目に向かっては、今までとは違った感じの痛みで、するどく
激しい痛みが長く続く。
とうてい我慢できるようなものではなく、少しでも痛みが軽く
なる場所がないかと家の中をあちこち移動する。

たいていは、どんなに場所を移動しても痛みが続き、耐えきれずに
外に出ることになる。

あまりに痛みが酷かったり、あまりにしつこかったりする時は
外へ出て回りを観察する。

この間は、うちの窓のすぐ側に電磁波発生装置をつんだ大型のバイクを
置いて、すぐ隣りのマンションの通路に隠れて攻撃しようとする加害者を
見つけた。
じっと見ているわたしに気づいて、しばらくウロウロしていたがそのまま
攻撃を続けるわけにもいかず、バイクの中の装置を触った後、いなくなって
しまった。

最近、バイクからの攻撃が目につく。
若い男の子たちだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外出妨害のいつもパターン。
昨夜も顔面攻撃が激しかった。
朝起きると両頬が真っ赤に腫れ、痒みも強かった。

加害者は向かいのビルの中年女性か裏の一軒家の高齢の女性。
どちらにしてもやっているのは女性だ。

やり方がいつも陰湿で残忍。

挨拶すら交わしたことのない人たちなのに、どうしてここまで
酷いことをわたしにできるのか、全然理解できない。

明日は、毎回ものすごい妨害に合うある会に出席予定。
陰謀、嫌がらせ、電磁波、音波攻撃と何でもあり。
最近は、人間関係破壊工作が盛ん。
わたしのなりすましがいろいろやっている気配もある。

子どもを思う母親の気持ちは、国や民族や宗教を超えた普遍的なものだと
今まで信じてきたけれど、そうではない考え方をする人間もいるのだと
いうことを最近強く意識するようになった。

「気に入らない親や子どもは殺してしまえ」という感じか・・・

大切な会議がある時に、気に入らないメンバーを交通事故に合わせて
入院させたりするような人たちだ。
ちなみに、わたしは捻挫させられて欠席だった。

今、この記事の途中で消されてしまい2度目の記事を書いている。
この会のことは、記事にされるのも嫌らしい。

..........................................

国に期待することは何もない。

本当にもう・・・・・。

世も末。

明日の会は電磁波攻撃の嵐か。





茶番劇

茶番・・・底の見え透いたばかばかしい行為や物事

加害者は自分たちが仕掛けた茶番がどんな風にこちらに受け止められて
いるかとても知りたがる。
一番良いのは知らん顔をして無視すること。

ただ、やることが子どもの嫌がらせのように直接的で荒っぽいということ
だけ書いておく。

PS.そんなに芝居が好きなら、劇団でも作ればいいのに。







なりすまし

人の書く文章には、何かしらその人独特の雰囲気のようなものが
ある。
言葉の選び方、言い回し、表現の仕方、そのひとつひとつに
相手を感じる空気のようなものがある。

ブログの記事のように連続した日記を読んでいくとその特徴は
よりいっそう強く感じられる。

わたしたち被害者仲間のブログは安否確認のようなところが
あると以前書いた。
わたしのようなこんなささやかなブログでも、日々確認して
くれている仲間がいる。
突然更新が途絶えると、「どうした??」ということになる。

そのため、被害者仲間が騒がないように工作員が書き手になりすまして
記事を更新することがある。

あるブログのなりすまし記事。
想像力の欠如が甚だしい。
それまでの状況を全く無視した書き出し。
ものすごい違和感。
ただ記事を続けて書けばいいという大雑把さが伝わってくる。

想像力、理解力、文章力がないとなりすまし記事は書けない。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜も目と顔全体に強い電磁波があたっていたようだ。
痒みと赤みが続いている。
それに加えて、今朝は唇や舌がヒリヒリして熱を持ったように
なっていた。
最近続いている歯や歯茎の攻撃も相当だったのだろう。

今日はIDとパスワードを何度入力してもブログに入ることができず
「入れなくなった」と仲間のブログに報告しようと考えた途端、
急に元に戻った。
サイバーテロも日一日と酷くなっていく。

昨夜、突然、グーで殴られたような強い衝撃が胸にはしった。
そのまま前に進めなくなり、急いで胸を押さえながら場所を移動した。
その時の痛みがまだ残っている。

相変わらずマイクロ波は一日中我が家に降り注いでいるし、薬品の使用回数も
増えてきている。
「家族全員皆殺し」と仄めかしを受けたことがあるが、「早く死ね~!」と
言わんばかりの酷い攻撃が続いている。



駅で待つ人

この世とあの世をつなぐ駅のプラットフォーム。

どんなに待っても極楽行きの電車はやって来ない。

来るのはみな地獄行きの電車ばかり。

極楽行きの電車が目の前を通過していく。

待っても、待っても、どんなに待っても

やって来るのは地獄行きの電車だけ。


・・・・・・・・・・・・

誰かの小説にこんなのがあったと教えてもらった。

毎日、毎日、残酷な人殺しを続けているあの人たちは
どこ行きの電車に乗ることになるのだろう・・・



心配・・・

本当の被害者だと思っているひとり。

いつも2~3日の間隔でブログ更新があるのに、もう10日も
更新がない。
以前にもサイバーテロにあってパソコンが使用不能になったことが
あったので今回もそうなのかもしれない。

この方も被害がとても酷かったので具合が悪くなってなければ
いいのだけれど・・・。

家族の意識操作も大変な様子だったので、何か困った状況になって
いませんように。

彼女のブログのコメント欄でほんのちょっとお話しただけで、
直接お会いしたこともなく、名前も連絡先も知らない。

どうか無事でいますように・・。

同じように突然更新が止まったブログ

●小説集団ストーカー「D氏への手紙」(ミセスまるこさん)
http://marukorin08.blog137.fc2.com/

●わたしの被害体験日記 (トマトさん)
http://blogs.yahoo.co.jp/wdnch332/MYBLOG/yblog.html

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外出予定があると顔面攻撃が酷くなるのはいつものこと。
今週末に予定がいくつか入っている。

今朝起きると右目が赤く充血し、瞼が腫れあがっていた。
顔も赤く腫れていて、夜中にひどく電磁波攻撃されたようだ。

顔面攻撃してくるのはたいてい女性。
特に向かいのカラオケビルの3Fの中年女性は、やることがものすごく
エグい。
わたしへの攻撃を欲求不満のはけ口にしているのか、悪意や憎悪が感じられる
陰湿で残酷な攻撃をしてくる。

電磁波攻撃のパターンは3パターンある。

ひとつは、品性下劣、卑猥、低俗パターン。
このパターンで攻撃している加害者は、おもしろくてたまらないといった
いたずら感覚でしつこい。

もうひとつは、とにかく残忍。
出力も高く、病院にかからないといけないほどの酷い炎症を起こすような
すさまじい攻撃をしてくるパターン。
もうこのまま死んでしまうかもしれないと思うくらいの酷さだ。

最後は、ルーティンワークのように無表情に淡々と攻撃してくるパターン。
隣りのマンションの駐車場の車。
電磁波攻撃するのが出し入れの一連の動作のひとつのように、当たり前の顔をして
攻撃していく。
それは、毎回、必ずやっていく。
入れ替わり立ち替わりやってくる車やバイクもたいていこのパターン。

今日は音波がすごい。
薬品攻撃も酷くなってきている。

早く結果を出そうと急いでいるみたいな・・・。












被害内容24

3日前の朝、朝食を食べていると突然喉・・というか
食道というか、そのあたりを締め付けられるような圧迫感が
始まり、水さえ飲み込めない苦しさが続いた。

胸のあたりに手をおいてみると焼けるような熱さで苦しくて、
呼吸するのも辛く、窒息しそうな気がした。
熱くなっている場所を急いで保冷剤で冷やし、アルミでガード
しながら場所を移動して15分くらいするとやっと治まって
それまでのことが嘘のように症状が消えてなくなった。

自覚被害者は電磁波攻撃されていることを知っているから
出来る限りの方法で防御するけれど、こういうことを知らない
無自覚の被害者はされるままになって命を落とすこともあるのでは
ないかと思った。

最近は、薬品攻撃と肺、気管支を狙った攻撃が目立つようになってきた。
今日のような激しいものでなくても、苦しいと感じると肺や気管支の
あたりがびっくりするくらい熱くなっているということが度々ある。

薬品も空中に撒かれたり、排水溝から上がっていくのを狙った攻撃も
多くなっている。
以前から時々、我が家の横の排水溝に突然ものすごい量の水が流れる時が
あって、大雨が降った時以外、そんな風に水が流れるはずがないのに
おかしいなと思っていた。
注意して見ていると、わたしがキッチンで料理をしている時や入浴の時に流れて
くるのだとわかった。
思えば、花粉症の季節でもないのに、キッチンで用事をしているとくしゃみや
鼻水のアレルギー症状がひどく出ていた。
まさか、排水溝からの気化した薬品攻撃だとは思いもしなかった。
最近は使用している薬品が変わったのか、単純なアレルギー症状ではなく、
喉がひどく痛んだり、咳や痰が出たり、声がかすれてきたりと症状がひどく
なっている。

2年くらい前にトラックに積まれたたくさんのポリタンクを北側のマンションに
運び入れているのを見たことがあるが、あれは薬品攻撃に使われる液体だったのかも
しれないと思う。
わたしに気がつくと慌てたようにカバーをかけてポリタンクを隠して作業を
中止したりしていたから・・。

こんな殺人集団が日本中でたくさんの罪のない人たちを殺しまくっているのに
知らん顔をして何が選挙だ・・
どんなごりっぱな演説も、わたしたち被害者を救うこともしない人たちの言葉は
しらじらしく、怒りさえ湧いてくる。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NETをウロウロしていて見つけたブログ。
某宗教団体を相手に損害賠償請求の裁判をしている人のブログ。

でも、この犯罪の被害者に「偶然」とか「たまたま・・」とかはあり得ないので
誘導されているのかもという疑いは持つ。
実生活の中で信じられないくらい平気で嘘をつく工作員にたくさん出会っているので
その後遺症だろう。
簡単に信じない。

とはいうものの、今の日本のこの状況の中であの団体を相手に訴訟を起こすということに
少々興味はある。(本当ならば・・)
将来的には財務返還の集団訴訟を考えているとか。

内部崩壊の兆しなら嬉しいけれど・・。









人でなし

弱い立場の子どもたちが安心して暮らしていける社会に
なるようにと願って活動している会。

ハンデのある子どもを懸命に育てている親たちは悪意を持つ
人間の存在を考えたこともない。
皆、真面目に一生懸命生きている。

ニコニコして近づいてきて、親切で誠実な人間を演じながら
裏では抵抗の手段を持たない一般人に向けて平気で電磁波攻撃を
しかける。

ただわが子がしあわせに生きてほしい、それだけを願って
生きている親を陥れ、苦しめ、殺そうとする。

鬼畜そのもの。

机の下のカバンから電磁波を飛ばしながら平然とした顔で
わたしを見る。

残酷な人殺しをしながら、よくこの場に座っていられるものだと
信じられない思いでその人たちの顔を見る。

「人でなし・・」と心の中でつぶやく。

まだまだ親の支えの必要な子どもの母親を平気で殺そうとする。
そんな悪魔のような人間を今日もたくさん見てきた。

いつかきっと天罰が下る。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、おとといと顔面攻撃が酷かった。
いつも外出の予定があると執拗に顔を狙ってくる。
その執拗さは異常だ。
よほど人の顔を傷つけることが好きらしい。

周りをよく観察する。
あらためてわかったこと。
やっているのはほとんど向かいのカラオケビル。

電磁波攻撃がひどく、頭が痛いので今日はここまで。







激化する被害

目が痛くて寝ていることができずに起きている。
今は午前4時すぎ。
被害を自覚してからまともに眠れたことがない。

おとといの夜は、布団に入って間もなくものすごい振動が
始まり、体は大きく揺れ、動悸は早くなり驚いて起き上がった。
しばらくして、再度横になるとやはり同じように体が揺れ出し
今度は首に強い圧迫感を感じてまた起きた。
上から首を抑えつけられているような、首を絞められているような
強いものだった。

加害者のやることはわたしの理解の範中を超えていて、もう同じ
人間とは思えない。

公に断罪されることがないとなると、人間はどこまで残酷になれる
のだろう・・・
自分たちの欲望の前に人はこうも簡単に人間性を捨て去ることができるのか。

いろいろなことを知るにつれ、未来は暗いと感じる。
日本はもう法治国家ではなくなっている。
社会は劣化の一途をたどっている。

この国を乗っ取った側にも明るい未来は感じられない。
今の状況を一番後ろで好き勝手に動かしている勢力(どんな人たちかは
知らないけれど・・)は、最終的にはこんな非人間的なことを平気で行う
人間たちをパートナーとして信頼したりしないだろう。
自分たちの思うような利益を手にしたら、後は知らん顔をして切り捨てて
しまう・・・
今、日本で暴れまわっている人間は、そんな捨て駒の存在なのだと思う。

マヤの暦では今年2012年が世界の終わりになっているそうだけれど、
世界の終わりに向けてのカウントダウンが始まった年なのかもしれない。







プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。