スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次々と正体を見せ始めた加害者たち

攻撃はここに書ききれないほど途切れなく激しい。

目への攻撃もものすごく、一日に何度も目を通り抜けて行く
ような圧迫感や空気銃で撃たれたような衝撃と痛みが
襲ってくる。
これは、家にいる時だけでなく、外出時のスーパーや
電車の中や、レストランはもちろん、歩いている道や
その沿道の家々からも同じような攻撃を受ける。

元々、わたしの住んでいる地域は加害者と噂されている
企業、宗教団体、民族団体、暴力団などがすべて
揃っているところで、自覚被害の始まった初期から
電磁波、音波などの身体攻撃がそれはそれは酷かった。

加害団体がどこか、何を目的にしているかは、被害者各自
それぞれ見解がある。
そのどれも間違ってはいないと思う。
でも、某宗教団体だけ、国による人体実験だけ、というような
単一の加害者や目的だけではないと感じている。

「特別秘密保護法」が可決された辺りから、加害者の活動は
今までよりいっそうあからさまになったように思える。

被害歴の長い被害者たちが右翼に傾いていくのを不思議に感じて
いた頃があったが、今はその理由や気持ちがわかる気がする。

この頃は、被害者だけでなく一般人に対してもあからさまな発言や
行動で、加害者集団の目的の一端をのぞかせている。

今、頭への一撃が・・。

家族全員への酷い身体攻撃が続いている。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被害者の会からのメール。
被害者のひとりが脳梗塞で倒れた。

脳梗塞も心筋梗塞も電磁波攻撃を受けている被害者に多い病名だ。

病気に見せかけた人殺し。

以前、被害者仲間から犯罪が解決に向かう時、被害の酷い被害者たちは
とても危ない状況に追い込まれるから気をつけるようにと言われたが、
解決と反対に、加害者たちが一気呵成に目的を達成しようとする時も
それ以上に危険なのではないかと思う。

今、次々とあからさまに正体をあらわしてきた加害者たちを見ていて
そんな気がした。

被害者の会からのもう一通のメール。
元ミスインターナショナル吉松育美さんの「ストップ ストーカー」の
ネット署名のお知らせ。

この事件はネットで大きく取り上げられていたし、海外プレスを
集めて記者会見もしていたので、海外のマスコミも大きな扱いで
報道した。
けれど、日本のマスコミはすべてスルー。
証拠を持って訴えても司法も知らん顔。
・・・で、ネット署名に。
安倍首相夫人も協力していて、開始から3日間で1万をこえているそうだ。

海外のプレスが、「これは日本のマスコミこそ報道する案件だ」と言った
そうだが、それがそうならないところが、今の日本の置かれている状況を
端的に表している。

この事件は根が深い。
たどっていけば加害者組織の中枢に近いところまでたどり着く可能性も
ある。
だから、マスコミも司法も怖くて触れたがらない。

集団ストーカー&テクノロジー犯罪も根は同じ。

日本の隅々まで張り巡らされた根っこを断ち切ることは容易なことではないけれど、
子どもが生きる時代を安全で安心して暮らせるようなものにするためには
苦しくても諦めずに、生きることに執着して、自分にできることを日々頑張るしかない
と思う。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村





















スポンサーサイト

盆も暮れもない電磁波j攻撃

初春

毎年、次の年は越せないかもしれない・・と本気で覚悟する。
今年も、年末から電磁波攻撃や嫌がらせ、仄めかしが酷くて
年が越せないかも・・と何度も思った。

お正月も元旦が特に攻撃が強く、けっして家族団欒をさせないと
いう加害者の強い悪意が感じられた。

この寒い冬の日に、四六時中窓を開けっ放しにしていることが
どんなに奇異なことか、辺り一面加害者ばかりという環境にいると
わからなくなるらしい。

斜め向かいの集合住宅の4階。

名目上は、K大学の合同宿舎ということになっているが、
どうみても大学関係者には見えない人物が多数。

我が家に面した建物は、1階から4階まで全部加害者。
3階は専従工作員のようで、朝から夜中まで我が家に電磁波照射
してくる。
ここにいる中年女性は日本語を話していなかったので外国の
工作員なんだろう。

その開けっ放しになっている4階の窓からは24時間ずっと攻撃
電波が出ているらしい。

年末・年始と薬品攻撃も目立った。
大晦日におせち作りに一日キッチンに立つのを狙って
換気扇めがけて薬品を捲かれたり、炊事場の排水溝から
気化させた薬品が立ちのぼってきたり、向かいのビルからモクモク
煙が流れてきたりした。

それは、殺虫剤のような臭いや漂白剤のような塩素系の臭いや
何かが焼けるような焦げ臭い臭いだったりした。

普段より量が多かったのか、濃度が濃かったのか、すぐに
身体症状が出て、喉や気管の具合が悪くなったので、屋内に
いながらマスクをして過ごさなければならなかった。
マスクも、PM2.5用の機能性マスクが必要だった。

本当に、毎日が非日常の世界。

ここは一体どこの国?

好き放題日本人を殺し続けている集団をどうすれば止めることが
できるのだろう。

崖っぷちにいる日本も、被害者も踏ん張らないと・・。



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村











































プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。