スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめて始末?

電磁波や音波などのテクノロジーを使った身体攻撃も
人的嫌がらせ行為もどちらもすさまじい激しさだ。

何日か前の真夜中、道路に置かれた目も眩むようなオレンジ色の
光を放っていた丸い物体。

隣近所の家々からオレンジ色や真っ白に輝く光を我が家に
向けられるのは毎日のことだけれど、あんな風に道路から
辺り一帯に照射されることは初めてだった。

被害者まとめて一斉照射か?

それにしても、装置を堂々と道に置いて攻撃するなんて、
いかにこの地域が加害者に占領されているかがよくわかる。
すぐ近くに交番もあるのに・・・。
この地域のおまわりさんがみんなグルだからこそできる技。

住宅街にできた夜間営業のお店、
営業許可、よくでたなぁ・・・と思う。
東灘は、もう何でもありだ。
あの有名な暴力団の本部もすぐ側にあることだし。

日々、酷い攻撃に合っているなか、一日だけピタっと
攻撃が止んだ日があった。
某暴力団に手入れが入った日だ。
この犯罪が暴力団と深くつながっていることがよくわかる
出来事だった。

夜間営業のお店の話に戻って。
ここは、普通の住宅街だ。
夜中になると誰も歩いていない。
そんなところに、夕方から明け方までの夜間営業の居酒屋が
どうやって商売をするのか・・・。

目的はだたひとつ。
向かいの家への嫌がらせ&電磁波照射。
オレンジ色のものすごい照明。
いくつもの電球が向かいの家を照らす。
2階建の一軒家にひとり暮らしをしているおばあちゃん。
我が家と同じ被害者だと確信する。

被害者宅を攻撃するためだけに開けているお店。
我が家の向かいのカラオケ屋と同じ。
あのお客さんの数で商売できているはずがない。

この地域は、もう、人殺しやりたい放題。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高齢の母を狙った電磁波照射は益々酷くなっていく。

某宗教団体の会員の知り合いから突然の電話。
特に用事があるわけでもなく、ダラダラと雑談が
続く。

「あぁ、仄めかしかぁ・・」

今までの経験からすぐにわかった。

電磁波攻撃で目が酷く痛くて、これ以上パソコンの
画面を見ていられないので、記事途中になるけれど、
ここを離れことにする。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

攻撃に次ぐ攻撃

呼吸が苦しくて眠れない。

睡眠時間1時間。
ここのところ、ずっとこんな感じだ。

またどこかから強い電磁波照射が行われているのだろう。
いつもなら、外回りを確認しに行くところだが、
今日はその力も出ない。

普通なら10分で終わる家事が、3日も4日もかかって
しまう。
頭で考えていても体が全くついてこない。

体が小さく揺れている。
電磁波と共振しているのか・・・
体がガチガチに固まっていて動かしにくい。

同じ場所にじっとしていると集中狙いされるのと、
思考がストップしているので、後でまた続きを書くことに
する。

BMI(ブレインマシーンインターフェイス)の説明は
ここではしないけれど(苦しくて書くのが辛い)
操作、誘導がとてもひどい。

また後で。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

電磁波を使った弱いものいじめ

相変わらず、我が家の電圧は上げられたままで、家族みなが
体調不良に陥っている。

隣り近所からの電磁波による攻撃も24時間途切れることなく
ずっと激しく続けられている。

ここ何日かは、高齢の母を集中狙いされ、頭への強い
電磁波照射で食事もとれない状態だった。
外出時も、杖をついてヨロヨロ歩いている母を
取り囲むようにして加害者のカバンや携帯電話から
電磁波攻撃を仕掛けてくる。

もう鬼畜の極み。

人間の心を完全になくしたけだものの群れ!

こんな悪魔たちと親の会の加害母親たちとが仲間かと
思うと、嫌悪感で吐き気がしてくる。

彼らの辞書には「恥」という言葉はない。
「人として恥ずかしい行為」なんて感覚はまるで持って
いない。
倫理観、道徳観がないと言っていいほど希薄だ。

平気で嘘をつく。
人を騙して陥れて喜んでいる。
彼らの三文芝居にどれほど付き合わされたことか。

仕組まれたバカバカしい彼らのお芝居は、何度か経験して
いるうちに大体見抜けるようになってくる。
特に、親の会の加害母親たちの仄めかし満載の嘘つき芝居は
ものすごくわかりやすい。

正面からぶつかってもこちらの被害が大きくなるばかりなので、
知らん顔をして適当につきあっているが、何の躊躇もなく
嘘つき芝居をしている彼女たちの顔を見るたびに、いつもそっと
心の中で「極悪非道のひとでなし・・」とつぶやいている。

毎回、毎回、会議の時は、どこからでも電磁波攻撃ができるように
わたしを取り囲むように座る。
彼女たちの携帯や鞄の中の装置から照射されるだけでなく、
部屋の外、建物の外に待機する工作員たちと連携して大掛かりな
攻撃を仕掛けてくることも多い。

市民運動をしているわけでもなく、政治団体との関わりもない、
普通の主婦のわたしに、多くの加害者とおおがかりな仕掛けで
人殺しをしかけてくるこの人たちは一体なんなんだろう。

彼女たちのやっていることは単なる「嫌がらせ」ではない。
りっぱな殺人行為だ。
裏でこれほどむごい、鬼畜な行為をしながら、どんな顔をして
我が子と向き合うんだろう。

傷つき、苦しめられ、殺されていったひとたちの無念の思い。
いつか、きっと彼らや彼らの大切にしている人たちに
天罰が下ると信じている。

深い、深い恨みを抱いて亡くなった人の思いは怨念になり
怨霊となって祟るらしい。
わたしも死んだら、きっときっと化けて出て呪ってやると
心に誓う。

★・・・・・・・・・・・・・・・・

先週のこと、あまりに呼吸が苦しくて寝る事ができなかったので
またどこかで強い電磁波を照射しているのだろうと思い、
一階に降りていくと、裏戸の窓一面がものすごい輝きを放った
オレンジ色の光でいっぱいになっていた。

「火事?」

慌てて戸を開けて外を見ると、何と少し先の道路の上に
バレーボールくらいの丸い物体が置かれていて、そこから
放射線状に目も眩むようなオレンジ色の光が広範囲に
出ているではないか。

「これは一体なに?」

見たこともない光景にびっくりしてしばらくその場を
動けなかったが、ビデオに撮れねばと気づいた瞬間に
その物体は光を消してしまった。

何だか怖くて、側まで見に行こうかどうしようかと思い悩んでいると
突然、道の角からバイクが次々に走り出てきて、大きな音をたてながら
我が家の側に停車したので、確認しに行けなかった。

夜中の3時に起きた出来事。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目が痛い。

目への攻撃は延々と続いている。
パソコンの前に座ると強い電磁波で目が狙われるので
ブログ更新するのも辛い。

日々、いろいろなことがあって、書きたいことは山のように
あるのだけれど、攻撃が激しすぎて全部は書ききれない。

日本人の命を守らない国。
ここはもう日本ではないのかもしれない。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


















プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。