スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続病状の悪化

前回の記事の続き。

軽い鼻風邪からあっという間n気管支炎、喘息に進み、
病院にかかって一週間が経つ。
薬もちゃんと飲み、安静にいているのに、どんどん悪く
なっていく。

そらそうだよなぁ・・・
部屋中にものすごい電波反応が出ているもの。

毎日、電磁波を照射され、激しい睡眠妨害で2時間~
3時間くらいしか眠れていない。
薬品も撒かれている。
免疫力を相当落とされているだろう。

きつい薬を使っても、喘息の発作は治まらないし、
気管支炎の咳もなくならない。
病院で点滴をしてもらって少し良くなったと思っても、
家に戻ってくると急激に症状が悪化していく。

昨晩も電磁波攻撃が酷く、とうとう一睡もできなかった。
あまりに苦しくなるので、測定器で電磁波の値を測ったら
ものすごく高い数値でびっくりした。
トリフィルドメーターの針が振り切れそうに揺れている。
これ以上は危険という赤のゾーンをはるかに超えている。

呼吸困難が酷くなる。

部屋にじっとしていることができなくなったので、
電磁波の照射元を確かめに外に出た。
斜め向かいの一軒家の前に立つ。
すると、メーターの針が突然ビュンビュン揺れ出した。

「やっぱり・・・」

この家は、以前にも値の高い低周波を出していた家だ。

ビデオで撮ろうとしたとたん、急に針が0に戻った。

「気管支炎から肺炎になってあわよくば死んでくれれば・・」という
加害者側の意図が何となく感じられる。

信じられないような、こんな酷いことが今、この日本で起こっている。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

病状の悪化

「あぁ、もうこれでダメかも・・・」
そんなことを考えてしまうほど呼吸が苦しく寝ていられない。

ほんのちょっと、鼻風邪程度たったのに、
一日中強い電磁波を照射され、気管支炎やぜんそくの
症状が出るようになってしまった。

思考がストップしていて、こ5行をかくだけで2時間も
かかっている、

結局、何も書けていないけど、頭痛と吐き気が酷くなって
きたので、パソコンの前を少し離れる。
続きは午後から書けたら書きたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


選挙に思うこと

三宮駅前。
共産党の街頭演説。

わたしの前を歩いていた若い女の子たちの会話。
「あれ、誰?」
「共産党の志位さん?」
「誰それ?知らんわ。阿倍さんやったら知ってるけど」

この子たちは投票に行くのかな?

今度の選挙は、日本にとって本当に大切な選挙なのに・・

自民党から民主党に政権が変わった時、被害者はこれで
あの某宗教団体の力を抑えられるのではないかと
ずいぶん喜んだものだ。

でも、実際に民主の政治が始まったら、「?????」の連続で
被害も今までよりひどくなった。
今では、この政党が日本のためではなく、ある特定の国のために
日本を利用しようとする政党なのだというこを多くの人が知っている。

某国の大統領が竹島に上陸し、「我々は完全に日本を占領した」と
叫び、天皇陛下を侮辱することがなければ、民主党の時代がもっと
長く続き、日本という国は外国人勢力に支配される国になっていただろう。

今でも、まだその危険がなくなったわけではなく、崖っぷちにいることには
変わりはない。
だから、今度の選挙の結果はものすごく大切なのだ。

票の移動。
某宗教団体が行うと言われている民族大移動。
特定の候補を当選させるために住民票を移して得票数を操作する。

先日の沖縄知事選では、多数の共産党や社民党の支持者がこの大移動を
行ったと話題になった。
政府に反対する候補が当選したとき、「これが沖縄の声だ」とテレビや新聞は
声高に叫んでいたけれど、地元の人たちの声は本当はどうだったのだろう。
この選挙結果に一番喜んだのは中国だったということをどう思っているのだろう。
アメリカ軍がいなくなることを最も望んでいるのは中国だということを本当に
わかっているのだろうか。

今回の選挙、どうか不正行為が起きませんように。
加害勢力が力を増すような結果になりませんように。

日本や日本人のために働いてくれる議員さん、がんばれ~~~!!

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕暮れ。
辺りが暗くなってくるとあちらこちらに不思議な光が点く。
真っ白だったり、真っ青だったり、目も眩むようなオレンジ色だったり。
節電、節電と言われていた時でさえ、そんなこととは全く関係ないように
怪しげなライトがそこかしこに光っていた。

本当に変な街になってしまった。

北側のマンションの2階。
冬の寒い日でも全開になっている窓。
わたしの2階の窓に向けられているオレンジ色の光。
この光が点くと、言葉で表現しがたい倦怠感や疲労感bに襲われて
体が思うように動かなくなる。
頭痛、吐き気も同時に襲ってくる。

夜中、その部屋全体が真っ白な光につつまれると、呼吸困難に襲われ
横になっていることさえ苦しくなり、家の外に逃れたこともあった。

ピンポイントで目や心臓、喉、舌を狙ってくる向いのカラオケビルの
男女工作員。
特に女性の方は、悪意に満ちた目で執拗に残虐行為を仕掛けてくる。
まともに目が開けられないほどまぶたが腫れたり、顔全体がやけど状態になり
真っ赤になってヒリヒリしたり、一瞬にして倒れこむほどのきつい電磁波を
照射bしたり、全部この女性工作員の攻撃だ。

自分の心をどう納得させたら、こんな残酷な行為が人に向かって
できるのか。

悪魔・・・としか言いようがない。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
















相変わらずの被害いろいろ

障害者週間 12月3日~12月9日
ハンディキャップのある我が子のために神戸市主催の
イベント に参加した。

会場になった●●勤労会館は、以前親の会の勉強会で
j利用したところで、会館ぐるみの嫌がらせが酷い。

その時も今回と同じように寒い季節だった。
暖房が効いた部屋なのに、わたしの足元だけに冷たい風が
流れてきて寒くてたまらなかった。
空調を操作されていた。
結局、最初から最後まで吹きさらしの外にいるような感覚で
コートを脱げなかった。

「今回もきっと何かある」
そう思って警戒していたのに・・・

何も考えずに案内係りのすすめてくれた席に座ってしまった。
講演が始まってから気がついたのだけれど、その席は
「磁気誘導ループ席」だった。

▼磁気誘導ループシステム・・・マイクの音を電気信号に変えて送ると、
電線の中で磁力が生まれ、この磁力を補聴器で感知することで、
聞こえる「音声」にするシステム

テクノロジー犯罪被害の中の音声被害はこのシステムの悪用では
ないのか・・・
この電気信号を受け取れる補聴器をつけている人だけに届く音声。
周りの人には聞こえない。
被害者だけに聞こえる音声被害と同じだ。

後で思い返してみれば、講演中に音楽が聞こえてきたことが
あった。
音声は小さめだったが、講演者の声と混ざってけっこううっとうしかった。
他の人はなんともないのかと周りを見たが誰も気にしている様子は
なかった。
この装置を使うためにわたしをこの席に座らせたのか・・・
前回同様、また誘導に乗せられてしまった。

会館ぐるみ、自治体(神戸市)ぐるみ?

加害者組織は、協力者を増やしながら雪だるまのように
どんどん膨れあがっていく。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「嘘つきはどろぼうの始まり」とはよく言ったもので、
連中は、平気で嘘をついて人を貶め、平気で人の家に入り、
平気で人のものを盗っていく。

お気に入りのペンダントがなくなった。
CDもなくなっている。
CDは、実際に聴こうと思ってケースを開けるまで中身がないことに
気がつかなかった。
だから、いつ家宅侵入されたのかわからない。
ほとんどなくなりかけていた乳液が新品にかえられていたり、
証拠ビデオが全部消されていたり、それはもうさまざまに荒していく。

これほど、道徳心や倫理観のない人たちも珍しい。

「加害者に同情する」と言った被害者がいる。
やりたくてやっているわけではない、彼らも被害者だと。

この人は一体何を言っているのだろう。
望んでやっていても、やりたくなくてやっていても、被害者を傷つけ
苦しめて殺しているのは同じだ。
自分自身も電磁波被害をこうむるのは、自業自得。
この犯罪に手を染めたのはあくまで本人の責任ではないか。

日々、生きるか死ぬかの瀬戸際で暮らしている身に「同情」などという
余裕はない。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

睡眠時間2時間半。
もう何日も、何週間も、ずっとそうだ。
朝、起きて鏡を見る。
「やっぱり・・・」
右目が異様に腫れている。
寝ている間に目を攻撃される。
視力がどんどん落ちてきて、本が読めなくなった。

執拗な目への攻撃は症状もさまざまで、針で突き刺すような
激痛に一歩も動けなくなったり、目を突き抜けていく感覚や
目の中に何かが入っている異物感であったり、ヒリヒリして
涙がとまらなくなったり、まともにものを見ることができなくなる。
白内障も進んでいる。

向かいのカラオケビルの2階の窓。
攻撃のために冬の寒い時にも窓が開けてあるのだけれど、
閉まっているからといって攻撃がストップしているわけではない。
それは、何気なくビデオのレンズを窓に向けた時にわかった。
肉眼ではまるでわからないが、レンズを通して見ると、かすかな
空気の揺らぎが見えるのだ。
窓ガラスには斜めの線も見える。
電波反応を調べると、とても強い電磁波が出ていた。

こういう攻撃の時は、私に向けてというより、我が家全体に向けての
攻撃になっている。
家族全員が体調不良を起こす。
特に、高齢の母とハンディのある子どものダメージが大きい。
弱い者いじめが大好きな加害者たちだ。

わたしへの仄めかしは「一家皆殺し」だったけ。
着々と計画を進めている・・という感じ?

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙。
この犯罪に合うまでおよそ政治的なことには興味がなかった。
投票こそ毎回かかさず足を運んだけれど、それほど深く考えた
ことがなかった。

呼吸が苦しい。
これ以上、パソコンの前に座れないので今日はこれで終わりにしたい。
続きは明日。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村










 


















プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。