スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日生きること

明日のことは考えられない。

もう、今日が、今が、この瞬間が生きられるかどうか必死で・・・
日々、切羽詰っている。

左わき腹から腹部にかけて定期的に激痛を伴う
電磁波で攻撃してくる。
以前、被害者仲間から聞いた話に、選挙で対立していた
候補の奥さんと子どもが同時に糖尿病になり重い眼疾患に
陥ったというのがあった。

膵臓ばかり必死になって攻撃してくるのはそういう
ことだったのかもしれない。

向かいのカラオケビルと裏の一軒家からの攻撃が
激しい。
ここは、以前からやることが飛びぬけて残忍できつかった
ところだが、この頃はもうなりふり構わずで、激痛に次ぐ
激痛の電磁波攻撃が続いている。
今日も、朝から針で突き刺すようなするどい痛みが全身を
襲う。

「早く殺してしまおう」という加害者の意思を強く感じる。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このあたり一帯は、某民族系の人たちが多く集まって
暮らしているところで、それは、ずっとずっと昔からそうで、
だからどうということもなく生活してきた。
この犯罪の被害者になる前までは。

今、この地域に純粋な日本人はどのくらい残っているのだろう・・

被害者ブログに「近隣住民からの攻撃」とよく書かれているが、
ここは、近隣どころか、、地域一帯、広く市ぐるみと言えるほど
某民族系の人間に占領されている。

斜め向かいの集合住宅。
少し前までは地方公務員の宿舎だった。
部屋が狭いので単身か夫婦だけの世帯がほとんどで、2~3年
ごとに転勤で入れかわっていた。
それが、いつの間にかわけのわからない人間が多数出入り
するようになり、どこからどう見ても公務員には見えない・・と
いうか、働いているようには全然見えない人間が目立つように
なってきた。

春には恒例のお引越しも全くなくなった。

近所に住む某宗教団体の役員をしている人にチラっとその話を
すると、「下っ端の地方公務員だから公務員らしく見えないのよ~」と
訳のわからない説明が返ってきた。

調べてみると、ここは今、K大学の管轄の宿舎になっていた。
k大学の職員ではなく、K大学の関係者の宿舎ということだが、
「関係者」って何?
誰の関係者?
職員の知り合いなら関係者として入居できるのか?
一体、どこから関係者と呼ぶのだろう。

この犯罪の被害が顕在化した初期に、得たいの知れない集団が
理解不能なパフォーマンスを繰り広げたのがこの宿舎だった。

働きに出かけることもなく、一日中、近所をブラブラしている
茶髪に短パンの男の子たち。
布団と手提げバックをかかえて、4階から2階に移動してきた
6人くらいのお年寄りの集団。
どこからどう見てもお水系にしか見えない派手派手な女の人たち。

皆、K大学の関係者????

我が家に一番近い1号棟は、1階から4階までそろって電磁波照射
してくる。
オレンジや真っ白の目も眩むような光や、見たこともない機械が
窓際に置かれ、ピカピカランプが点滅していたり、こちらの
生活時間に合わせて電気をつけたり消したり、ベランダに出たり
入ったり、何より、電磁波装置の測定値がこの人たちの動きに
合わせて強く反応する。

K大学もぐる?
そう言えば、以前どこかのブログでK大学のあるゼミの学生たちが
集団ストーカーをしているという記事を読んだことがことがある。
本当はどうなんだろう・・・

特に執拗に電磁波攻撃してくる3階の住人は日本語を話して
いなかった。
あれは某国の言葉。
「やっぱり・・・」という思いを強くした。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吐き気がひどくなってきた。
体のあちこちを針で突き刺されるような痛みが
続く。
パソコンの前に座っていられなくなってきたのでここで終わることにする。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。