スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すさまじい目への電磁波攻撃

24時間、休むことなく目への電磁波攻撃が
行われている。
一日中、目が痛くて涙が止まらない。

特に、昨日は入浴時の攻撃がものすごくて
目が充血して腫れあがった。
痛みもずっと続いている。

そっと目の上に手を置いてみると、すぐに
しびれたような痛みがはしる。
時によって、右目だけだったり左目だけだったり、
両目ともだったりする。


ヒリヒリとした焼けるような痛み、
何かが目の奥を貫いていくような感覚、
針で突かれるような激痛、
何かが目の中に入っているようなゴロゴロした違和感。

いろいろな症状が出るのは、電磁波の周波数の違いらしい。

昨日の入浴時のように、同じ場所から動かない場面を
集中狙いされる。

あの人たちは、本当にいろいろな攻撃方法を考える人たちで、
人の入浴を今か今かと攻撃準備を整えて待っている。

変態・・・

攻撃場所も、それはそれはさまざまな所が用意された。
一番シンプルな攻撃は、お風呂場の窓に近い道路に立って
待っているというもの。
攻撃用の車が来ることも多い。

裏のマンションの1階庭から、2階ベランダから、3階
ベランダから、向かいのビルの2階から、3階から、
斜め向かいの一軒家の2階から、3階から、
その奥の家の3階から、駐車場の陰から、
まだまだたくさんある。
このうちのいくつかが一緒になって一斉攻撃という
パターンもけっこう多い。

何せ、隣り近所の家々が皆加害者という地域なので
夜遅くに白やオレンジの光が輝こうが、あちこちの
ベランダに人が出ていようが、見とがめるものは誰も
いない。

ここは、本当に恐ろしい地域になってしまった。

★................................................

激しい電磁波攻撃をしてくる北隣りのマンション1階には
幼い乳飲み子がいる。

常に電磁波照射されている我が家とは塀をはさんで隣り同士。

こんなに磁場の高い場所で子育てするなんて・・・。
幼い子どもほど放射線の影響が強く出る。

わたしに向かってものすごい勢いで電磁波攻撃してくる人たちだが、
この電磁波の飛び交う環境が自分の子どもにどんな影響を与えるか
まるっきり考えていないようだ。

以前、某宗教団体に関わっている医師の書きこみを読んだことが
あるが、それによると、某宗教団体の子どもたちは、それ以外の
子どもたちに比べて白血病の発症率がとても高いとあった。

電磁波装置の扱いにこれほど無防備だとそういうこともあり得るだろう。

ちなみに、大人はうつの発症率が高いそうだ。
これも、何となくうなづける。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母への操作、誘導がひどい。

加害者たちには親はいないのか。

高齢の母を電磁波で虐待する。

鬼だ。

どうしても手術を受けさせたいようで、
あの手、この手で母を誘導してくる。

テクノロジー犯罪の中で、この「人を操作する」という
脳科学を利用した犯罪がもっともタチが悪く、加害者が
最も隠しておきたい犯罪だ。

目が痛い。

パソコンの前に座るとすぐに激しい電磁波攻撃が始まる。

ピンポイントで目を針で突き刺すような痛みが続いていて
もう限界なので、記事の途中になるけれど、ここで終わりにする。

痛い・・・


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。