スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次から次へと酷い攻撃

あまりに酷い電磁波攻撃のために吐き気が強く
食事もとれない日が続いていた。

睡眠時間2時間。

目が覚めてもすぐに動くことができない。

夏の日差しで日焼けしすぎたような感じに似ているが、
それよりもっと全身症状が強く、表現しようがないほどの
酷い疲労感と吐き気で起き上がれない。

顔が焼けるように熱く、ヒリヒリする。
目の奥がズキズキして強く頭痛がする。

子どものお弁当を作るために辛い体を無理やり起こすと
一瞬目が眩み、フラフラとその場に倒れ込んでしまった。

気分が悪く、食事もとれない。

ここ何日か、こんな状態が続いていた。

無茶苦茶な身体攻撃と同時に、人的嫌がらせ攻撃も
巧妙に仕組まれていて、とてもブログを更新できる状況
ではなかった。

親の会の集まりでは、相変わらずいろいろな手を使って
電磁波を照射してこようする人たちがウロウロしていた。
最初は、わたしの隣りに座っていたMさんが電磁波装置が
内臓されている携帯電話をスイッチオンにした。
この攻撃は、これまで嫌というほどやられている。
使い古した攻撃というか・・・
ものすごくわかりやすい。

何とか防御していると、今度は会議室の外のベンチから
若い男の子がふたりでせっせと攻撃を始めた。
これも、わかりやすくバレバレだった。

「やってるのはあんたらでしょ!」という顔をして睨むと
しばらくしていなくなった。

これで終わるはずがないと思っていたら、今度は向かいの
ビルの駐車場の非常階段に挙動不審な男性が3人。
予想通り、そっちの方向から頭をめがけての電磁波攻撃が
始まった。

あれがダメならこれ、これがダメならそれ・・とあの人たちは
何が何でもわたしに電磁波を照射しないと気がすまないらしい。

穏やかに会議に集中することは絶対させないという執念深さを
感じる。

親の会では、わざとトラブルを作り出して、時間や労力を浪費
させる。
今や、ハンデのある子どもの親の会は、加害者たちの子どもの
ためだけの圧力団体になりつつある。

わたしが邪魔で仕方がないのだろう。
会に関わっているまともな保護者は、皆一様に被害を受けている。
活動に参加できないような妨害を受けている。
ただ、それを自覚しているのはわたしだけなので
どうしようもない。

多勢に無勢。
おまけに相手は電磁波という武器を持った人殺しだ。

優しい母親の顔の後ろに残虐な人殺しの顔がある。

悪魔の群れ。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加害者は、嫌がらせやに自分の子どもを平気で使う。

以前、小学生の携帯電話から電磁波攻撃されて死ぬほどびっくり
したが、この頃はその度合いが上がってきている。

「いくら何でも自分の子どもに人殺しの一旦を担わせるなんて
ことはしないだろう」なんて考えは甘いのだ。
何でもありの加害者集団。

この子たちも平気で人殺しができるいっぱしの工作員に育って
いくのだろう。

★・・・・・・・・・・・・・・・・

携帯メール。

これは目に見えて証拠に残る。

「わたしは加害者じゃない」と電話してきた加害者も携帯のなりすまし
メールは言い繕うことができなかった。

彼女のメルアドから送られてきた最後のメールは、ひらがなばかりで
かろうじて「日本語か?」というほどひどい文章だった。
外国人が使うかたことの日本語にもほど遠いわけのわからないもの
だった。

それ以外にも、別携帯から送られたことがはっきりわかる証拠も
ある。

このことがあってか、最近別の友人からのメールは、本人の文章に
そっくりにしてあったが、なりすましの書き手の微妙な癖がでているのと
絵文字の使い方に違和感があった。

通信妨害は酷くなる一方だ。

日本は法治国家のはず・・・だけど、わたしの暮らしている東灘区は
何でもありの無法地帯になっている。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。