スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

新しい年ももう10日以上過ぎてしまったのに、「今さら・・」とは思うけれど、
今年はじめての記事なので新年のご挨拶を。

旧年中は、被害者仲間の皆様にはご心配や励ましをたくさんいただき
本当にありがとうございました。
今年が、被害者皆にとって明るい希望の年になりますよう心から
お祈りしています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

本当に・・・
明るい希望がほしい

※すみません、被害者仲間以外のサポートして下さった皆様、
関心を持って見守って下さった皆様にも
心から感謝しております。
本当にありがとうございました。
冒頭のご挨拶が言葉足らずになり、申し訳ありません。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、あまりの攻撃の激しさに「いよいよ最後かも・・」と覚悟を
決めた年越しだった。
盆も暮れもない加害者たちの攻撃。
今年は本当にすさまじく、彼らのやりたい放題だった。

年末、最後のブログ記事を書いた頃から息つく暇もないほどの
身体、精神への攻撃が続き、お正月に向けての準備などほとんど
できなかった。
とにかく睡眠妨害が激しく、2時間以上は眠れない日がずっと続いて
いたので、思考は鈍り、操作、誘導にはまりまくり、片づけや掃除は
全くできなかった。
部屋の中がこれほど酷い状態で年を越したことは今だかつてなかった。

家全体に強い電磁波が照射されていたので、わたしだけでなく
家族全員が体調不良になり、大掃除どころではなかった。
掃除機もかかっていない、足の踏み場もないほど散らかったリビング。
あまりの酷さに言葉もない。

親の会の母親加害者たちは、こういう状態を笑いものにし、仄めかし
たっぷりの三文芝居をしかけては喜んでいる。

自分たちの子どもが少しでもいじめにあったりすると
「弱い立場の子どもになんて酷いことを・・」と怒るけれど、親自身が
わたしやわたしの子どもにやっていることは弱いものいじめ
そのものではないか。
会議でこの人たちがりっぱな発言をするたびに、「裏で暴力団と一緒に
なって人殺しの一端を担っているくせに、よく言うなぁ・・」と
あきれながらその人の顔を見ている。
「恥を知れ」と言いたいところだが、あいにく、この人たちの辞書には
「恥」という言葉がないのだからどうしようもない。

話が少し逸れてしまった。
年末年始の被害のことをもう少し。

すさまじい電磁波攻撃の中、食べることだけは何とかしたかったので
倒れそうになりながらクリスマス、お正月用のお料理を作った。
子どもは年齢的にはもう大きいけれど、精神発達的にはまだまだ
子どもなので、クリスマスやお正月のようなイベントのご馳走を
とても楽しみにしている。
どんなに苦しくても、大変でも、子どもをがっかりさせたくなかった。

暮れから治らずに続いている気管支炎やぜんそくの薬を飲み、
健康食品の栄養剤やドリンク剤を飲み、とくかく何でもかんでも
体を動かすために役にたちそうなものは全部取り入れた。

連日の睡眠妨害は本当に酷かった。
激しい睡眠不足で、夜になると倒れこむように布団に入る。
あっという間に眠りに落ちそうになる、その瞬間を狙って
目にするどい痛みが走る。
目の奥を貫いていくような感覚。
針で刺されるような痛み。
何かをぶつけられたような圧迫感。
眠りそうになるとこんな攻撃で無理やり起こされる。
また眠ろうとするとすぐに起こされる。
繰り返し、繰り返し・・・一晩中。
本当に陰湿なやり方。

お正月、昼間の電磁波攻撃は食べることへの妨害が集中した。
胃腸や舌ばかりを狙われた。
舌が痛くて噛めない。
喉が痛くて呑み込めない。
胃腸が痛くて、食欲が出ない。
こんな調子でご馳走を食べさせまいと必死だった。

加害者たちは人が楽しく過ごすのを見るのが大嫌いだ。
お正月の家族団らんなんてもってのほか。
母を操作、誘導して家庭内争議を起こさせようとしたことが
何度もあった。
母だけでなく、私自身も身体的な操作や心理的な誘導の被害が
今までになく大きくて、驚きの連続だった。

以前から言っているように、この脳科学を悪用した「人を操作、誘導する」
という被害は、今の世間の認知度の中で一般に理解を求めるのは
とても難しい。
被害内容だけを書き綴っても一般の人には届かない。
それどころか、「頭が変?」と思われて、それ以外の記事全部の信頼性を
失ってしまう。

テレビや新聞などのマスコミが反日勢力に占領されて加害者側に
立っている状況では、こういう技術の存在を客観的に取り上げて
解説をしてもらえる可能性はゼロに等しい。
アメリカのBMIなどの文献があるといっても、わざわざそれを
読もうと思ってくれる人は少ないし、たとえ、読んでくれたとしても
その技術がスキルアップされて、この日本で好き放題悪用されていると
いうことまでは理解が及ばないだろう。

被害は大きくなっているが、伝え方が難しい。


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。