スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃の激化

急いでいる感じがする。


出力の高い電磁波が長時間こちらに向けられている。


夜中の3時。

何も電気製品を使っていない真っ暗な部屋の中。

トリフィルドメーターの針が大きく揺れる。

外から電磁波が来ているのは明らか。


昨夜は、あまりに高い値に吐き気がしてものすごく気分が悪くなり

寝られなかった。

メーターの針はいつもの3~4倍の数字l。


あり得ない・・・・


どこから?

方向は向かいのカラオケビル。

工作員男女がいる3階の窓が、急に白く光ったかと思えば暗くなり、

光ったり暗くなったりをずっと繰り返している。

ビルの側に測定器を近づけてみると、メーターの針がぐっと上がった。


やっぱり3階だ。


昼間は、角の一軒家の○○家が同じように強い電磁波を我が家に

向かって照射してくる。


そのうち、家全体が磁化して方位磁石が回り始めるかも・・・。

(今は、ある一角だけ方位磁石が南を指している。)


車からの攻撃も相変わらずのひどさだ。

繰り返し、繰り返し、頭と耳を攻撃してくる。

それはそれは執拗だ。

痛みがひどい。


目は、光で攻撃されていることが多い。

以前、ある被害者の方が「ブライティング」と名付けてらした。

あっちからもこっちからも、自然を装ったライトの光。

オートバイのミラーの反射を使ったものもあった。

ひとつだけの時には気がついていなかったけれど、突然3つに

増えたりしたら、誰でも「あれ??」と思う。


某大学の宿舎の2階と4階からも光の攻撃を受けている。

ここも、自然を装っているらしいけれど、「おかしいやん」と思うことが

いっぱいある。

ここの3階からは、強い電磁波照射がある。


目、耳、喉、口、頭と、首から上への攻撃が激しい。


強い音波もきている。

周波数の違った複数の超音波も頻繁にくるようになった。


電磁波も超音波も目には見えないけれど、測定器を通して数字に

すれば、その強さ、大きさ、照射元がわかる。

東京の被害者が「ガイガーカウンター」にも反応すると言っていた。


今度試してみよう。


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


● 小さな光


たくさんの荷物の中にまぎれこませていても、

窓際の箱の間でも

換気扇の通風孔でも、


小さな、小さな光だけれど、

光の強さが大きすぎて

はっきり、しっかり見えてしまう。


それは、すだれで隠しても、そのわずかな隙間から

見えてしまう電磁波装置の光と同じだ。


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●  電磁波攻撃してくるおばちゃんたち


携帯電話型の電磁波発信器を使って攻撃してくるおばちゃんたち。


そう、おばちゃんたち・・・


以前、ある団体に所属する中年女性には独特の雰囲気があり

それはものすごく特徴的だと書いたことがある。

その特徴は電車の中で電磁波攻撃してくるおばちゃんたちと

共通している。


数えきれないほどの攻撃に合ううちに、ひとつひとつ特徴的なものが

見えるようになった。


書くと長くなるので、また違う機会に。


耳も目も喉も痛い。

感覚器官ばかり執拗に攻撃してくる。
























●電磁波攻撃してくるおばちゃんたち

携帯電話型の電磁波発信器を使って攻撃してくるおばちゃんたち。
そう、おばちゃんたち・・・

以前、ある団体に所属する中年女性には独特の雰囲気があり

それはものすごく特徴的だと書いたことがある。

その特徴は電車の中で電磁波攻撃してくるおばちゃんたちと

共通している。

数えきれないほどの攻撃に合ううちに、ひとつひとつ特徴的なものが

見えるようになった。

書くと長くなるので、また違う機会に。
耳も目も喉も痛い。

感覚器官ばかり執拗に攻撃してくる。







スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。