スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害内容19

朝から部屋中に強い電波反応。
アラームが鳴り響き、針が振り切れる。
測定器を持ちながら家の中を移動。
反応の出方を見ていくと、電波の出ている方向と範囲が大体わかる。

照射元は、斜め向かいの3階建ての一軒家だったり北隣りの古い
マンションの4階だったりする。
この頃は、家全体に強い電波がきている.
もちろん、ピンポイントで身体の各所、特に目や舌への攻撃も
あわせて続いている。

目への関与は相当強く、しつこく、ダメージが大きい。
朝起きると、必ずどちらかの目が腫れていて痛い。
視力も落ちている。
目への加害は、加害者宅からの攻撃と車からの攻撃の両方がある。
車からの攻撃は出力が強く自動設定してあるのか、一定のリズムを
保ちながら圧迫してくる。

部屋で強い電磁波を感じた時、その方向を確認するとそこには必ず不自然な
車が止まっている。
最近は加害者も少し用心深くなって、家からすぐに見えないところに止めて
いることが多くなった。
車は、工事車両だったり宅配便だったり、タクシーだったりもする。
無線電波の悪用。

動物のマークのついた宅急便会社が加害行為をしているのは被害者の間で
よく知られている。
あの宅急便トラックにはドライバーの氏名が大きく表示してあるので
電磁波攻撃された時には必ずナンバープレートとドライバー氏名を
記録することにしている。
タクシーはタクシー会社を必ず確認している。

記録はできるだけ画像で残すようにしているが、この頃は犯罪協力者が
ナンバープレートを隠すように立っていたり、歩いていたりして妨害行為を
する。
写真を撮ろうとすると今まで誰も歩いていなかった道路にゾロゾロ人が出てきて、
わたしとその車の間に入り込んでくる。
その状況そのものが、そこに止まっている車が犯罪行為をしていると言っている
ようなものなのに・・・。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つきまといをする人たち。

小さな子どもを連れた中年男性。
子どもを連れていたらあやしまれないと思っているらしい。
でも、子どもがいようといまいと、その怪しさには変わりがないことに
気がついていない。

男女のカップル。
怪しいげな男性と怪しげな女性が一緒に歩いていたら、怪しさは
倍増してかえって目立つことに気がついていない。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被害者の会の大阪フォーラムの時、講師の山本節子さんが
「今の科学者には倫理観がない」とお話されていた。
脳科学のあまりの進歩の早さに倫理は置き去りにされてしまったのか・・

記憶の操作もできる。
他人の脳との置き換えもできる。
クローン技術の応用も合わせて考えると、ものすごく恐ろしいことが
できてしまうのではないか・・・

神様の領域にどんどん踏み込んでいく人間に天罰が下る日がきっとやってくる。

きっと・・・。















スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。