スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害内容22

目が覚めると背中に激しい痛み。
寝がえりも打てない。

しばらくすると足が痙攣して激痛。

寝ていられないので起きて痙攣している部分をアルミなどで覆って
足を抑えながら場所を移動する。
こういうことをする人間はわかっているので、加害者宅と逆方向に
移動する。
すると激痛だったのが嘘のように消える。

昨日も一日舌ばかり攻撃された。
舌が痛くてしびれるので、飴をなめたり氷をなめたりして症状を押さえて
いた。
目、耳、舌、頭と週替わりで集中攻撃してくる。

最近、ヘリコプターが飛んできてしつこく旋回していく。
しばらく治まっていた現象だが、また復活したのか・・。
ヘリコプターの音は実際に飛んでいるものと音だけのものがある。
ゴーッという音やブーンという音がしつこく聞こえる時は、自分だけに
聞こえる音なのか、側にいる家族に確認する。

「ねぇ、このゴーッというエンジン音聞こえる?」と聞いたとたん
音が消えた。
あぁ、やっぱり実態はなくて音だけだったんだ。

音声送信の音は本当にリアルだ。

真夜中にお神輿の「わっしょい」や某宗教団体のお題目やらが聞こえて
きた時には本当に驚いた。
耳元でリアルに聞こえる。
相手の声そのままで聞こえる時もある。
音声被害を知らない人なら、相手の声で悪口が聞こえてくれば喧嘩になったり
するかもしれない。

★・・・・・・・・・・・・・・

何年か前にNETで読んだ某宗教団体に属する精神科のお医者様の記事。

そこには、一般に比べて団体内での鬱と小児白血病の発症率がとても高いと
書かれていた。
鬱については、活動における団体内の人間的葛藤やプレッシャーなどが原因として
細かく分析されていたが、小児白血病に関してはその理由がわからないとしていた。

子どもは大人より放射線に敏感で影響を受けやすい。

携帯型電磁波発信器を子どもに持たせて攻撃させたり、電磁波装置の入ったバッグを
赤ちゃんの寝ているベビーバギーの持ち手に平気でつりさげて側に寄って来た
若い母親や子どもを乗せながらパワービーム攻撃してくる車やら・・・・

あんな光景、こんな光景が頭に浮かんだ。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・

辺りを見回せば、知らない間に新築の家が並び、古くからの住人がほどんど
いなくなっている。
たぶん、被害に気がついていなければこういう周りの変化にも気づいて
いなかっただろう。

加害者の新築の家はメーカーが同じなのかデザイナーが同じなのか、共通する
雰囲気というか特徴があって、見た目すぐに「あの手の家」とわかる。
たいていは狭い敷地に建つ3階建だが、なかには大きな敷地の2階建て
なんてりっぱなものもある。
たくさん人殺しをしたご褒美?

毎日スーパーへの行き帰り、その家々の前を通りながら思う。

「この家を手に入れるのに一体何人の人を殺したんだろう」と。

「電磁波で苦しめられてお引っ越しさせられたり、命を奪われたりした元の住人の
恨み、悲しみ、悔しさがいっぱいこもったその場所で加害者はどんな毎日をおくって
いるのだろう・・」

ふと、そんなことも思ったりする。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この辺りを走っている嫌がらせの車両部隊。

外車や大型国産車が多い。

ここはある団体のお膝元。
彼らが高級ベンツに乗っているのは昔から有名だった。

朝から周辺道路をグルグル回っているなかで、車の前や後ろにぴったりと
バイクがついて走っているものがある。
聞くところによると、バイクを引き連れて走っているのは「幹部」だそうだ。

護衛らしい。

一般人が暮らしている住宅街で一体何から護衛しているのだろう・・・
































スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。