スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休中の被害

連休であろうとなかろうと、連中のやることは同じだ。

目、耳、舌、顔面に向かって執拗に電磁波攻撃をしてくる。
その執拗さは異常と言っていい。
誰かが「加害者は粘着質だ」と言っていたが、本当にそうだと
実感する。

以前から顔に対する攻撃は陰湿で、びっくりするほど酷いことを
平気でしてきたが、昨日も頬に深く長い傷のような跡が残っていた。
それは、溝と言っていいほど深く、一日経ってもまだ消えていない。
これをやっている加害者はこの攻撃がよほどおもしろくて好きらしい。
今朝も新しい溝が頬にできていた。

昨日は一日中顔に圧迫感があった。
特に目や耳も含めて右側の顔面に照射感や圧迫感が続いた。
右側の目や頬骨のあたりはずっと腫れている。
人の顔を汚すことに加害者のものすごい執念を感じる。

被害がこんなにはっきり見える形で残っても、この辺りの加害者は平気だ。
辺り一帯加害者の家ばかりだから、犯罪に対する慎重さというものが
全くない。
ゲーム感覚で人を傷つけ、躊躇なく殺してしまう。

鬼畜の群れ・・・

加害者の多い地域は被害が酷くなると聞いている。
某宗教団体も、民族団体も、圧力団体と噂の高いあの団体も、某暴力団の
本部も全部揃っている。
これは、本当に見事なほどだ。
それに加えて加害企業としてNETにも登場する某有名家電メーカーの
情報部門もある。
神戸の沖合の人工島にはスーパーコンピューターや医療研究地区もある。

神戸は、ひょっとしてこの犯罪の中心?・・・と思えるほどに何もかも
集まっている。

知らない間に、神戸の街は恐ろしい街に変わってしまった。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でも申し訳なく思っていることがある。

まだ被害が始まったばかりの頃だった。
ある講演会でのこと。

講演が始まって間もなく、後ろの席から強い電磁波攻撃が始まり
頭が痛くて座っていられなくなった。
それで、席を立って一番後ろの席に移動した。

すると、少し離れた席にいた知り合いの女性(後に工作員だと判明)が
わたしが座っていた席のあたりを立ちあがるようにして心配そうに
何度も見ている。

加害者は、わたしが真後ろに座ったので電磁波装置を取り出して
操作することができず、電磁波照射がそのまま続いていたのだろう

しばらくして、わたしが座っていた席の斜め前の女性が意識朦朧として
倒れてしまった。
彼女は心臓が悪かった。
講演会は途中中断し、その女性は救急車で運ばれ入院した。
後に心臓手術を受け、命に別状はなかった。

元々心臓に持病がある人だったので、本人も含め周りの誰もが
持病が悪化したせいだと考えていたが、わたしはあれが電磁波攻撃の
せいだと確信している。

わたしはそのまま続けて講演を聞く気持ちになれず、途中中断の間に
会場を出た。
会場前に待機していた付きまといの女性はわたしを見て、手にしていた携帯を
落としそうになるほど驚いていた。

救急車で運ばれたのがわたしだと思っていたのだ。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・

目が痛い。
痛みが強い。

夕方、スーパーへ行く途中、前を走っていた車からの電磁波攻撃で
左目を狙われた。
するどい、針で突き刺すような痛みが目にきた。
一瞬の痛みではなく、車が横道に曲がるまでずっと続く激しい痛みだった。
4時間以上経った今でもまだ痛みが消えない。

今、同じような、針で突き刺すような痛みが右目にきた。
外を見ると、いつも電磁波攻撃する車が止まる定位置にタクシーが止まっている。
タクシーもグルなのは有名だ。
どこのタクシー会社か社名を確認しようと思って見ると、「個人」のライト。
でも、個人タクシーにしてはテイルライトが変。

営業許可を取るのがとても難しい個人タクシー。
何でも偽造する連中だから、これも偽個人なのか・・
それとも、加害者のコネですぐに営業許可がおりたのか・・・
どちらにしても、まともな個人タクシーでないのは確かだ。






















スポンサーサイト

プロフィール

hanamizukianzu

Author:hanamizukianzu
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。